顎にきびの原因

顎にきびというのは、本来、あまり汗をかく場所ではないので、なぜかできます。 そのため、汗や汚れが顎にきびの原因でないことはわかります。顎にきびができる原因としては、物理的な刺激が挙げられます。男性なら、ヒゲ剃りなどです。女性の場合、顎にきびができる原因として、ホルモンバランスの乱れが考えられます。ホルモンバランスの乱れは、人間関係のストレス、睡眠不足、生理などからやってきます。ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が過剰になり、肌が油っぽくなります。その状態で長時間メイクすると、顎にきびができやすくなるのです。顎にきびの原因には、スキンケアもあり、毎日間違ったスキンケアを繰り返していると、肌の水分と油分のバランスが乱れ、毛穴の古い皮脂や角質が残って、顎にきびになってしまいます。スキンケアが原因の人は、にきび専用のスキンケア用品を使って、正しい洗顔方法でケアしていく必要があります。顎ニキビを改善するには、ストレス解消に努める必要があります。放っておくとにきびが化膿して、黄にきびになってしまう恐れがあるので、早目の改善が必要です。化膿すると、皮膚の奥の方までダメージを受けてしまうので、治すのが困難になり、にきび跡が残ってしまって目立つ可能性があります。